ようかん型マンション【ようかんがたまんしょん】



建物に凹凸がなく、シンプルな形状のマンションのことです。
マンションの外観を、建物の形状によって分類する際の1つの呼び方で、文字通り、切り分けた羊羹のような形状のマンションのことを指します。敷地に対して住戸がたくさんとれ、建築費を抑えることができるので、多くのマンションに見られます。

◆「よ」からはじまる不動産用語辞典.comオススメページ一覧◆

SUB MENU

おすすめサイト