養生【ようじょう】



養生とは、コンクリートやモルタルを打ち込んだ後、十分な強度を発揮させるために、適度な温度や水分を保つことをいいます。
建築基準法では、コンクリートを打ち込んだ後の5日間は、コンクリートの温度の変化はプラスマイナス2度までとし、乾燥や震動によってコンクリートの凝結や硬化が妨げられないように養生をしなければならないと定めています。コンクリートが本来の性能を発揮するには、硬化初期に十分な水分を与え、直射日光や風、震動などから保護する必要があります。しかし実際には、3日程度空中放置されたり、十分な養生がなされていないこともあるようです。


◆SPONSOR LINK◆

  • 千葉 注文住宅
  • 福岡 建築家
  • 建て替え 三原
  • SUB MENU

    おすすめサイト